心理的瑕疵についての判例

1棟建て賃貸集合住宅において、その1室で自殺が有った事について

他の部屋へ、新たに入居する方に対し、自殺が有ったことについて

告知する必要が有るか?と言う裁判での判例記事が有りました。

判例では、「該当する部屋以外の入居する方に対しての告知義務まで

は有るとは言えない。」とされました。

集合住宅を所有されているオーナーの方からすれば、この判例は

事件後の収益事業に影響を少なく出来る判例となります。

一方、借りる側の立場からすると例え別の部屋と言えども、同じ

建物内で有った事について、知っていたら借りていない!と言う

事も有るかもしれません。

やはり、知る権利よりも、自己責任において確認する事の必要性

が、これからは重要になる時代になる判例だと思いました。

 


Fudousan Plugin Ver.1.6.7