成年後見人制度の本人意思尊重の方向に

成年後見人制度、簡単に申しますと痴呆症などにより

自分の意思判断が的確にできない方を守るために、有る

制度で、子供と言えども勝手に親(後見の方)の財産を

売ったりできない等の、法律です。

これは、医師の判定によって後見か保佐か補助かと3種類

に判定するのですが、今の判定に使う診断書では、後見と

判定するケースが大半の割合を占めるため、著しく制限が

掛かってしまい、本来は、介護人や補助者の手助けにより

自身で的確な判断ができる方でも、後見に判定され、本人

の意思尊重が出来ていいないと言う現状が現れているそう

です。

不動産取引において、本人の意志判断能力の確認は的確に

行わなければなりません。後見の方の意思表示で取引した

場合、その取引は遡って無効となります。

よって、買主の方には迷惑をかけてしまいます。ですが、

意思表示ができる方も、後見にされている可能性が、今の

診断書では判定するようになると記事に書かれて有ります。

より良く改善をして頂き、本人の意思を尊重できる診断書

にして頂きたいものです。