福山道路起工式

11月17日に福山道路の起工式が行われました。

事業計画から18年経過した中の起工式と言う事で

反対者の声も上がった様です。

不動産業者としての立場から申しますと、道路

は地域活性化の一つとなる一方、旧道沿線沿いが

寂れるという現象も起こります。

ただ、道路整備が出来ない状態の旧道を維持すると

言う事は、合理的では有りません。

旧道沿いの土地は、商店から住宅用地に変更する

事は可能です交通量が減りますので、住宅用地には

適してきます。活用方法は十分に有ります。

そして、新しい道路沿いには、コンビニや飲食等の

店舗が並び、地域に人がより始めるという相乗効果

を生みます。確かに騒音などの環境問題は出てきま

すが、その反面働く場所は出来るなど、物事を始め

ると、必ず一長一短な部分が出てきます。

地域の高齢化が進む中、徒歩圏内で買い物や飲食

が出来るようになることなど、メッリト部分に着目

した方が、良いように思いますが、如何でしょうか?