コンパクトシティーについて

人口減少対策の一環として、地方の市町に対して

コンパクトシティーを目指す方向で進められております。

先日の新聞にもありましたが、行政が指定している

コンパクトシティーの地域で、浸水被害が多く出た為

自然災害時の対応が問題視されており、行政の対応

が注視されるところです。

コンパクトシティーの趣旨の中には、自然災害への

対策はほとんど考えていない為、この様な結果となって

いるものと思います。

行政指導で進める政策で、人命に被害が生じた場合

行政が損害賠償をしてくれるのか?と言う事まで

考えなければいけない様になってくるのかな?と

思います。自らが、自己責任において、自由に住む

場所を決めている現在の状況であれば、そのような

クレームは出ないものと思いますが、行政主導で

この範囲内に住まなければ、将来ライフラインなどの

復旧や更新などしませんよ!と言う事であるならば

自然災害に強いコンパクトシティーにする必要性が

出るものと思います。