郊外団地活性化へ 市街化調整区域の規制緩和に向け

高度成長期に宅地化された都市郊外の住宅団地

を活性化させる改正地域再生法が年度内に施行

する。

イメージで言うと福山北部方面の弥生ケ丘団地

ですかね。

そこに、商業施設などの設置の手続きを簡略化

して、高齢者方が住みやすい環境を作ると言う

法律だそうです。

確かに、私たち不動産業者が感じる印象として

団地は、車が乗れないと買い物に行けず生活難民

と言う感じになってしまうなどと、よく聞きます。

しかし、この法律で、団地内にスーパー医療施設など

が出来て、地域活性化につながり古い団地内の中古

住宅などの需要が上がり、空き家対策にも一定の効果

が有ると思います。

田舎に住んでいる我々にとって、良き方向に進むと

良いかなと思います。

その一方で、福山市行政はコンパクトシティーを

目指し、人口減の田舎の方は、ライフラインの維持

が出来ないので、住まない方が良いみたいな感じ

のイメージを住民に語っております。

国と市の行っている事に、ギャップを感じております。